MENU
ABOUT

とやま食ロスゼロ作戦とは

食べ物の「もったいない」を減らそう!

とやま食ロスゼロ作戦とは、
消費者と事業者が力を合わせて、
食品ロスをかしこく減らそう
という取り組みです。

食品ロスとは?

世界の食料援助量320万トン※WFP発表の数値(2015年) 日本の食品ロス646万トン※平成27年度 農林水産省推計 約2倍

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられている食品のことです。
日本における年間の食品廃棄物等は、約2,842万トン ※。このうち、食品ロスは約646万トン ※もあります。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(320万トン)の約2倍にあたります。

※平成27年度 農林水産省推計

TIPS

1人1日茶わん約1杯分が捨てられている日本

1人1日あたりの
食品ロス
139グラム

日本の食品ロスを国民1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約139g)のご飯の量を捨てていることになります。まだ食べられるのに…想像するととても「もったいない」ですよね。こうした身近なイメージから、食品ロスの問題意識を身に付けることも、とても重要なことです。

なぜ食品ロスの削減が必要なの?

日本の食料自給率 38%

※平成28年度 農林水産省推計

日本の食料自給率は現在38%(平成28年度)で、大半を輸入に頼っています。私たちは多くの食べ物を輸入しながら、大量に捨てているのです。世界の人口全体での食料の確保が課題となっている中、日本でも食べ物の無駄を見直し、食品ロスを減らすことが必要です。

TIPS

生ゴミの約80%は水分

生ゴミのうち、約80%は水分です。どうしても生ごみとして出す場合には、しっかりと水切りをするだけでもかさが減り、ごみの減量に繋がります。

食品ロスの約半分は家庭から

日本の食品ロス646万トン内訳 事業者357万トン 家庭289万トン

※平成27年度 農林水産省推計

「自分はそんなに食品ロスを出していない」と思っていませんか?
実は、日本の食品ロスの約半分(289万トン)は、家庭から出ています。つまり、家庭から出ている食品ロスで、世界の食料援助量をほとんどまかなえる計算なのです。

知らず知らずのうちに捨てているかも?

富山県の主な食品ロス内訳 食べ残し31% 手付かずの食品69%

※富山県 平成28~29年度調査より

全国の内訳 食べ残し54% 手付かずの食品46% ※環境省 平成28年発表資料より

家庭の食品ロスは、大きくは食べ残し、そして手を付けないまま捨てられている食品の2つに分けられます。
富山県では特に、全国平均と比べて手付かず食品の割合が多い傾向にあります。あなたの家ではどうでしょうか? 心当たりはあるでしょうか。
こうした食品ロスを減らすためには、私たち一人ひとりがこうした現状を知り、「もったいない」を意識して、日ごろの生活を見直すことが必要です。

PageTop